真夏日が続いていますね。ご体調留意くださいませ。営業部の井田です。

営業部発信のハンディングブログですが、今回は「ハンディングってどれくらい配れるの?」というお話を

したいと思います。

配布数=宣伝量ともなりますが、配布時のシチュエーションによって大きく変わります。また配布物にも左右される部分もあります。

例えば、オフィス街の通勤時。。。

朝は皆さんもそうでしょうが、急いでいらっしゃる方が多いです。その方たちに大きな配布物をお渡ししてもなかなか受け取ってもらえません。そこで弊社では前回ブログでもアップした

より多くのチラシを受け取ってもらうために」

などの工夫を行い、配布を行っております。一概に何枚というのは実施の場所や交通量によって変わってきますが

例えば5,000枚のチラシとポケットティッシュを1日2時間2名体制で配布をすると1週間程度で配布が可能です。

1週間で5,000人の方への宣伝が可能です。WEBだったらもっと多いのでは??といったお話もよく聞きますが、

ハンディングの良い所は「その場所で的確なターゲットに対して」配布が出来るのでターゲットへ確実な配布が出来るという点です。その意味でも最適なターゲット5,000人にアプローチできるのは大きいのではないでしょうか?

朝の配布でランチ集客を図るといったお客様も多いです。短い時間でしっかり配布を行う。この積み重ねで集客を行っています。

また、日中の配布の場合ですと少し変わってきます。

通行量も朝より落ちますし、ターゲット外の人も増えてきます。その中で的確にターゲットを見定めて、チラシの配布時にしっかりと声を掛けさせて頂き、お時間あれば説明もする。となると枚数は落ちますが、よりお店のことなどを知って頂けるコミュニケーションが取れますので、多くの枚数が配布できなくとも、結果が出る場合もあります。

その時々の状況に合わせた配布を行う事で集客のお手伝いを行わせて頂いています。